学校法人大原学園 Educational Institution O-HARA Gakuen

 

周辺環境

 2018年7月に私たちはふるさとである東京都千代田区を離れ、閑静な住宅街である江戸川区船堀へ校舎を新造移設しました。都営地下鉄の新宿線(船堀駅)から徒歩3分程に位置し、駅前の船堀タワーからは東京の中心部が一望できる下町の情緒あふれる地域です。地域住民の方々とのコミュニケーションを図りながら「市井共生」を念頭に、新しい文化創生にチャレンジしていきます。

学校の特徴

 日本の文部科学省が正規に認可する学校は、大きく分けて三種類あります。国立、公立、そして学校法人の学校です。これらの学校は、教育法に則って、厳しく管理運営されている正規の学校であり、私たち大原日本語学院は、学校法人(大学法人)大原学園が設置し、同時に東京都知事に設置認可を受けた日本語学校です。また、文部科学省から指定を受けた、「準備教育課程設置機関」でもあります。正規の学校であるため、日本人が通う学校と同様に、各種の学割制度や優待制度を受けることが出来るため、様々な交通機関の学割通学定期券を購入することも出来ますし、学費等はすべて税金が免除されています。 大原学園が設置する日本語学校は、東京以外に大阪と福岡にもあります。ですから学園内の転校も自由に出来ますし、日本語学校の卒業時期を待たなくても大原学園が設置する大学院や専門課程への優待進学も可能です。また、一定の基準を満たせば日本語を学びながら学園内に開設された会計、コンピューター、アニメーションなど、様々な講座を聴講し、資格取得にチャレンジすることが可能です。つまり、大原日本語学院では日本語力の強化だけでなく、同時に資格や専門知識を身に付ける事で、日本企業への就職を実現することも夢ではありません。事実数多くの卒業生が当校の卒業後に日本企業に就職し、この日本で活躍をしています。